オフィス緑化大全!
おすすめの観葉植物を効果や価格帯から解説

近年「オフィス緑化」と呼ばれる社内に自然の緑を積極的に取り入れる取り組みが注目されています。
オフィス緑化は単なるデザイン性の向上にとどまらず、オフィスの中で働く社員や訪問客に対しても数々のプラスの作用を与えることがわかっていますが、特に手軽、かつ効果的に導入できるのが観葉植物。インテリアとしてだけでなく、機能性も兼ね備えたアイテムです。
今回はオフィスへの観葉植物の導入について、そのメリットや注意点を説明すると共におすすめの観葉植物についても複数紹介していきます。
さらに、観葉植物の導入の仕方についても解説を加えているので、オフィスに観葉植物を取り入れることを検討している場合はぜひご一読ください。

オフィスに観葉植物を置く効果・メリット

オフィスに観葉植物を置くことは単にインテリアとして見栄えが良いというだけでなく、オフィスで働く社員に対してプラスで働きかける様々な効果があり、さらに機能的な什器としての役割を果たすケースもあります。
数々のメリットを詳しく解説していきます。

インテリアとしての効果

観葉植物は悪目立ちすることなく、適度に印象的でありながら嫌悪感も抱かれにくいため、インテリアとしても最適です。

視覚等に癒し効果を与える

植物の自然な緑は視覚に対して強い癒しの効果を与えます。特に、現代のオフィスワーカーはPC作業等で目が疲れがち。視界に入る範囲にさりげなく植物が置いてあることで、ストレスが軽減されることが期待できます。

また、自律神経に対してもプラスに作用し、疲労回復の効果を与えてくれます。

設置する植物によって部屋全体の雰囲気が大きく変わる

ひとえに観葉植物といっても、幹や枝の形、葉の形や大きさなどの特徴は千差万別。それぞれの植物が与える印象も見た目によって大きく変わります。

例えば葉に丸みのあるような植物であれば柔らかい印象、シャープな葉を持った植物であればスタイリッシュな印象を持っています。

また、南国の観葉植物を置くことによってオフィスの雰囲気全体をトロピカルな印象にするといったことも可能です。

部屋全体がシンプルであればあるほど、植物の印象がオフィス全体を印象づけることになるため、植物選びがより重要になってきます。

空気を浄化する効果

植物が光合成に伴い、二酸化炭素を吸収して綺麗な酸素を吐き出すことは広く認識されています。それだけでなくシックハウス症候群の原因といわれているホルムアルデヒドなどの有害物質も植物が吸収することにより、オフィスの空気が浄化されることが期待できます。

風水上のプラス効果

植物は風水上、生命力の象徴と考えられています。オフィスに観葉植物を置くことで気を良くし、職場全体が活気で満たしたいといった願いを込めるのにも適しています。

単に植物を置くだけでも風水での願いを込めるのには十分ですが、木や葉の形状などから「事業や会社の成長」「金運」「魔よけ」などさらに細かい願掛けを行うことも可能です。

簡易なパーテーションとしての効果

大型の観葉植物は視覚を遮断したり、オフィスの導線づくりを担ったりと簡易なパーテーションの代用品としても活用することができます。

完全な形で遮断してしまうのではなく、植物を置くことで意識的な壁を作ることで開放感を損なうことなく仕切りを設けることも可能です。

設置型のパーテーションと比較すると持ち運びも容易であり、レイアウト変更もある程度柔軟です。

オフィスに観葉植物を置くデメリット・注意点

オフィスに観葉植物を置くことには様々なメリットがありますが、一方で観葉植物を置くこと自体のデメリットや、観葉植物では機能的に不十分な場合もあります。

重要なポイントを抑えていきます。

コストがかかる

観葉植物は小さなものであれば3,000円前後から、大型の高級種であれば80,000円程度で入手可能です。

単体での導入であればそれほど大きな支出ではないもののオフィス全体に観葉植物を散りばめる場合は相当数の観葉植物を導入する必要があり、相応のコストがかかる可能性もあります。

また、植物の世話をするにあたっての水道代、人件費、植物の生育に適した空調の管理なども。発生する可能性のあるランニングコストです。

定期的な世話が必要

観葉植物は当然ですが定期的な世話が必要です。適度な水を与え、日光や温度、風通しの管理なども重要。また、枯葉や咲き終えた花をこまめに取り除くことが必要な種類の植物も存在します。

比較的手間のかからない種類の植物もありますが、種類によっては適切な管理をしないと枯れやすいものもあるため、世話のしやすさも植物選びの一つの重要な軸となりえます。

植物が枯れてしまうと、オフィス全体の景観を大きく損なってしまうだけでなく、枯れた植物の撤去、必要に応じて新たな植物の手配といった手間が発生してしまいます。

植物により必要な環境は異なるため、複数の植物を同じ空間に設置する際はそれぞれが好む環境が違いすぎないかといった点にも注意しながらそれぞれに適切な形で管理していく必要があります。

虫発生の原因となる可能性がある

植物によっては虫に好まれるものもあるため、適切に管理していないと虫発生の温床となってしまう可能性もあります。

虫の発生はオフィス環境の悪化に直結するため、防虫対策を施す、もしくはそもそも虫が発生しにくい植物を選定するといった対策が重要です。

配置やデザインが不適切だとオフィスの印象や利便性が下がる

オフィスの雰囲気を替えてくれたり、インテリアとしてだけでなくパーテーション代わりにも活躍する観葉植物ですが、配置を間違えるとかえって「障害物」のような形になってしまいオフィスの利便性を下げるようなことにもなってしまいます。

また、植物をワンポイントで置くのではなく、植物のツタなどを全体的に張り巡らせて緑一色にするようなデザインもありますが、そういった凝ったデザインは難易度が高く、一歩間違えると「荒地」のような印象を与えてしまう可能性もあります。

利便性の面からも、デザイン性の面からも植物を置くことによってどのような状態になるのか、あらかじめよく検討した上で設置することが大切です。

人工植物(フェイクグリーン)はデメリットを軽減

植物は生物であるため、適切な管理をしなければ枯れてしまったり、虫の温床となる可能性がありますが、植物に似せて作られた人工植物(フェイクグリーン)であればそういったコストやリスクを抱えることなく、オフィスを自然に近い緑でコーディネートすることができます。

デザイン性の高い品種・高級品種を模した人工植物(フェイクグリーン)は実物よりも安価に導入できる可能性もあるほか、人工的に好みのデザインに仕上げることも可能です。

最近の人工植物(フェイクグリーン)は一目には本物と見分けがつかないくらい精巧なものも販売しているので、本物の植物であることに強いこだわりがない場合はこういった選択肢も考えられます。

風水や空気清浄といった効果を重視せず空間デザインやパーテーションとしての機能を求める場合は検討してみても良いかもしれません。

オフィスにおすすめの観葉植物5選と価格相場

オフィスに置くのにおすすめの観葉植物について、形状・世話のしやすさ・価格・大きさ・風水などの観点から5つ紹介します。また、価格の相場についても大まかに記載していきます。

※価格相場についてはサイズや個別の品種によっても大きく異なります。

パキラ【価格相場:3,000円~35,000円】

太い幹が上にグングンと伸び、大きな葉をつけるパキラはオフィスだけでなく街中の様々な場面で見かけるポピュラーな植物です。幹が三つ編みのようになったパキラ(人工的にそのように育てています)もお洒落で人気です。

暑さに強く、頻繁な水やりも必要なく、かつ日陰でも育ちやすい植物であり寒さには若干弱いですが、全体的に初心者でも育成しやすい観葉植物であると言えるでしょう。

金運や仕事運上昇の風水的な意味合いを持ち、オフィスとの親和性も非常に高い植物です。

ポトス【価格相場:2,000円~30,000円】

ポトスは家庭でのインテリアや園芸用の植物としてもオフィスに置く植物としても好まれるポピュラーな観葉植物です。定番といえば定番ですが、ひとえにポトスといっても様々な種類があり、また育て方によってアレンジもしやすいため、特徴を出しやすい植物でもあります。

日陰でも蛍光灯の光などで十分に育ち、強い耐久性を備えた植物であり、こまめなケアをしなくても十分に育っていく扱いやすさも魅力です。

オゾンの吸収をはじめ、空気を綺麗にする効果が高いとも言われているほか、風水的には長く伸びるツタは金運の上昇といった意味合いも持ちます。

ヤシ【価格相場:4,000円~50,000円】

太い幹が真っ直ぐに伸び、細長い葉が広がるヤシの木は南国の象徴とも言える樹木。オフィスに置くことにより雰囲気をリラックスできる空間に変えることができます。室内環境でもしっかりと育っていく育てやすさも特徴的。

尖った葉は風水上仕事運をはじめとする強い気の上昇を象徴し、これから会社を成長させていきたい場合は特に相性の良い植物であると言えるでしょう。

サンスベリア【価格相場:2,000円~40,000円】

大きく尖った葉が無数に連なり上に伸びていく特徴的な形状をしたサンスベリアもオフィスに置く観葉植物として人気です。

その形状から魔よけ・厄除けの効果があることに加えて、運気上昇や成長の風水的意味合いも込められており、職場に置くのにも最適です。

また、大きな葉は植物の中でもマイナスイオンの放出効果が高く、有害物質の吸収にも一役買ってくれます。

基本的には強く育てやすい植物ですが、数年に一度植え替えが必要になる点はご留意ください。

ユッカ【価格相場:5,000円~100,000円】

無数の力強い鋭い葉が上に向かって伸びるユッカは、新芽が活発に出ることから別名「青年の木」とも呼ばれており、成長と発展を象徴する縁起の良さが好まれています。

金運・仕事運の上昇などの風水的な意味合いを持ち、仕事場に置く親和性が高いことも特徴的ですね。

力強く、乾燥にも耐性があるため比較的育てやすい植物です。

大きな品種や珍しい品種はオフィス用の観葉植物としてはやや高額な価格帯にありますが、小さなものであれば比較的安価に入手可能です。

オフィスに観葉植物を導入する方法

実際に自社の空間デザインの中に観葉植物を取り入れたい場合に取りうる選択肢として、代表的な方法とその特徴を解説していきます。

自社で購入し、設置する

最も簡単な方法は自社で植物を購入して設置することです。購入時に商品の代金がかかりますが、一度購入してしまえばその後のランニングコストは世話に対してかかる程度のものであるため比較的抑えることができます。

一度購入すると交換が難しいほか、オフィスの移転や撤去に伴って処分が必要になることも将来的にデメリットとなる可能性があります。

既存のオフィスからの移転が当面見込まれない場合や、気に入った植物を長く大切にしていきたい場合におすすめの選択肢です。

観葉植物のレンタルサービスを利用する

オフィス向けに観葉植物を月額でレンタルするサービスも存在します。植物の追加・交換が比較的簡易なだけでなく、不要になった植物は返却すればよいだけなので、将来的に取り扱いに困る可能性が低いこともメリットとして挙げられるでしょう。

一方で、長期にわたってレンタルする場合は購入した場合と比べて料金が高額となる可能性も高いため、注意が必要です。

また、生き物をレンタルするサービスであるため、枯らしてしまった場合の扱いなどはサービス利用前に確認しておいた方が無難です。

オフィスの移転やレイアウト変更を視野に入れたオフィスづくりを検討している場合に特に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

オフィスのデザイン全体を外注する

できるか自信がない場合、オフィスのデザイン全体を植物の選定・配置も含めて外注するという手段も考えられます。

オフィスデザインを得意とする業者であれば、要望を伝えるだけで利便性や雰囲気を考慮しながら最適な設計を行ってくれることが期待できます。

設計・デザインから委託した場合、植物の実費だけでなくデザイン費等の高額な初期費用が発生しますが、オフィスづくりを失敗したくなければこういった選択肢も取りえます。

オフィスの移転や大規模な改装が現実的なタスクとして検討されており、空間づくりに予算を割ける場合にはプロに任せるという選択肢も考えられます。

オフィスバンクではオフィスの移転に際して内装だけでなく、要件定義から物件の選定、契約からアフターフォローまで、ワンストップでサービスを提供しています。

オフィス緑化の導入を前提としたオフィス診断「ワークプレイスサーベイ

オフィスに観葉植物の導入をはじめとしたオフィス緑化を検討する際、デザイン面・機能面において期待する効果が十分に得られるように入念に準備を行うことをおすすめします。

そのために欠かせないのが現在のオフィスの利用状況を分析し、課題や改善点を把握すること。オフィスバンクの提供する「ワークプレイスサーベイ」は現在のオフィスについて様々な観点から課題を可視化し、理想のオフィスづくりをサポートします。

既存のオフィスへのワンポイントへの観葉植物の導入から、大規模な改装を伴うオフィス緑化、新しいオフィスへの移転を前提としたオフィス緑化の設計など、企業様のニーズにあわせたトータルでのオフィスの現状の診断、解決策の策定から実施に至るまでのトータルのサポートを行います。

ワークプレイスサーベイのサービス資料の提供およびオフィスバンクへのご相談を無料で承っておりますので、まずはお問い合わせください。

まとめ

観葉植物の導入を中心としたオフィス緑化について、メリットや注意点をまとめるとともに、具体的なおすすめの植物や導入の方法についてまとめました。

オフィスに植物を導入することには数えきれないほどのメリットがありますが、一方で生き物を扱う以上注意しなければならない点も出てきます。

両者を比較しながら最適な種類、最適なボリュームでの植物の導入を検討してみてください。

また、既存のオフィスへの設置にせよオフィス移転にせよ、オフィス緑化の効果を最大化するためには専門的な視点からの分析を取り入れることをおすすめします。

オフィスバンクではご要望に応じたサービスを取り扱っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お客様に最高のオフィス移転体験

お気軽にご相談ください。