IBASHO

明るい光とともに、アイデアが生まれるオフィス

フリーランスエンジニアと企業のマッチングや、スマートフォン向けゲーム、非ゲームアプリやウェブメディアなどの開発を行う同社。代表自ら内装デザインやプロデュースを手がけた現オフィスによって、会社や社員がどのように変わっていったのか?

ギークス株式会社

2016年5月取材

オフィスは、家です。と言えるくらい、帰ってきたくなる場所。

エントランスに立つと、「ここはカフェ?」と見紛うほどの明るい日の光が差し込み、西海岸をイメージしたテーブルやソファが置かれている。事前に社員にコンセプトなどは伝えずに、この場をプロデュースしたという曽根原稔人さん(代表取締役社長)にお話を伺いました。

-このオフィスに移転されたのはどうしてですか?

事業拡大に伴いメンバーが増えたことと、今後の人員計画に対応するために移転を決めました。社員数が増えたことで、会社としても「組織作り」において、変革のタイミングだったと思います。この移転を機に、よりメンバーが成長できる環境、社員がそれぞれ自分のスタイルで仕事ができるような環境を作りたいと思っていました。

-今回のオフィス移転でこだわったポイントを教えてください。

新オフィスを探す基準としては、明るさを重視しました。明るい場所で過ごすと、高揚感ややる気が出るじゃないですか。最上階で日当たりが良く、テラスのあるこの物件はイメージにぴったりでした。また、よりリラックスできるような開放的な環境の中でアイデアやイノベーションは生まれるものだと思ったので、そこを意識した環境作りにこだわりました。

-内装も曽根原代表が取り仕切ったそうですね。

全体のプロデュースは私が行いましたが、オフィスの機能の面では、それぞれの部門に要望をヒアリングしました。前のオフィスで使われていないスペースや使いづらかった点を洗い出し、そこを改善したとともに、集中できるスペースが欲しい、などの要望も反映させました。

-曽根原さんにとって、オフィスとは?

家のような、大切な居場所のひとつです。セカンドハウスのような感じで、週末もたまにオフィスに寄ることもあります(笑)。それだけ居心地が良い場所。居心地の良さから、移転後に遅刻しなくなったメンバーもいて、オフィス移転がモチベーションアップにつながっているのだと思います。当社は営業職も事務職もクリエイターもいて、様々な職種の人たちがひとつの場所に集まっています。それぞれが主体性をもって自分のスタイルで仕事に取り組める環境を作りたいと思いました。「やらなきゃいけない」を「やりたい」に変えるためにはどうしたらいいのだろう?と考えて、そのプロセスを楽しみながら、仕事に取り組んで欲しいです。「変化を楽しむ」ということを体感できる環境をつくりたいですね。

私たちのお気に入りスポット

働く人にとってのオフィスでのお気に入りスポット・過ごし方を聞いてみました!

気分転換できる場所が増えてうれしい。南 あやさん(デザイン制作部)

360°VRで見る

-お気に入りスポットはどこですか?

「テラス」です。わたしはゲーム画面のデザインをする仕事なので、業務中はパソコンの前に座っていることが多いのですが、テラスはお昼を食べたり、休憩したり、リフレッシュできるスペースです。中には、テラスにPCを持ってきて、打ち合わせや作業をしているメンバーもいて、活用の仕方は様々です。

-入社のきっかけは?

これまでは、環境グラフィックデザインという、屋外看板や店舗装飾などをデザインする仕事をしていました。全然違う業界ですね(笑)。別のことにチャレンジしたいと思っていたので、それが実現できるギークスに入社しました。自分の制作物がアニメーションとして動いたときは感動しました。自分が作ったものに対するコメントをSNSで見ることもあるのですが、そのユーザーさんの反応を見て嬉しくなります。

朝日がきれいに見える特等席。見市 陵亮さん(クラウドエンジニアリング事業本部)

360°VRで見る

-お気に入りスポットはどこですか?

テラスに面した「ハイカウンター」です。執務室とカフェの中間というか、ほどよくリラックスしながら、集中できる場所です。朝7時頃に出社してウェブマーケティングの本を読んだり、ウェブで情報収集したりすることもあります。日中も利用することはありますが、朝の時間帯は特に格別で、気持ちよく過ごせるお気に入りの場所です。

-現在の仕事内容を教えてください。

フリーランスエンジニア向けのウェブマガジン『ギークスマガジン』の運営・編集をしています。マーケティングや編集経験ゼロからチャレンジしたので、難しさに直面することも多々あります。実は、学生時代に就活でギークスを受けていました。以前の職場でちょうど転職を考えていた時に、改めてご縁を頂き、3年越しで入社しました。運命的なタイミングでした(笑)。

自分の考えを直接カタチにできる場所。小出 恭輔さん(エンジニア)

360°VRで見る

-お気に入りスポットはどこですか?

オープンな空間の「ミーティングブース」ですね。みんなで同じ方向を向いて“面と向かわない”スペース。ミーティングでは、正面のホワイトボードにプロジェクターでPCの画面を投影できます。ホワイトボードなので、投影した画面にポイントを書き込めるのもいいですね。カジュアルに見えますが、真剣に打ち合わせが出来る空間です。最近、ソファにクッションが追加されて更に居心地がよくなりました(笑)。

-KOIDEさんにとってオフィスとは?

自分の考えを表現できる場所だと思います。ゲーム開発の中で、「こうしたい」というアイデアをすぐにカタチにすることができます。アイデアや意見を出しやすい文化なので、若手でも活躍できるチャンスは多いと思います。オフィスの雰囲気を見て頂くと分かると思いますが、オープンな雰囲気で社員同士も仲が良いです。メンバーが誕生日のときはフロア全体でお祝いしているのをよく見かけます(笑)。

クリックすると拡大します。
left
right

geechs

ギークス株式会社
http://geechs.com
G-SQUARE
利用従業員数 120人
利用坪数 270坪

一覧へ戻る 一覧へ戻る
一覧へ戻る